スポンサード リンク

スポンサード リンク

胸の痛み 症状

胸の痛みの症状ですが、痛みの程度や痛み方は原因によって違います。 また、胸痛と一緒に起こる症状により、様々な病気が考えられます。

胸の痛みが伴う病気で、胸痛と一緒に表れる他の症状を紹介します。

例えば、肋間神経痛ですと、肋骨に沿って痛みがあり、体の左右どちらかが痛みます。 また、体を伸ばしたり、引っ張ったりすると痛みが増すなどの症状があります。

心臓神経症ですと、安静時に痛みがあり、心臓のあたりがチクチク痛みます。 また、胸の痛み以外に動悸や息切れを伴い、過労気味でストレスを感じていたりします。

心筋炎ですと、ウイルス感染により、心臓の筋肉に炎症が起こり、動悸や胸の不快感やピリピリした痛みが伴います。 また、熱が出たり、鼻水や咳、下痢や腹痛などの症状を伴います。

心筋梗塞ですと、胸に耐えられない激痛が走り、冷汗や吐き気を催し、15分以上は痛みが続きます。 長い場合ですと翌朝まで痛みが続く場合があります。

心不全ですと、胸を圧迫された痛みがあり、呼吸困難や泡やピンク色の痰が出るようになり、 手足が冷えて、冷汗をかき、仰向けに寝ると痛みが伴うようになります。

心膜炎ですと、切れるよな鋭い痛みを皮膚表面に感じ、深呼吸や咳で痛みが増します。 また、胸痛以外に首や肩甲骨まで痛みが伴います。

このように胸の痛みの症状以外にも、様々な症状が一緒に起こります。

胸の痛み以外に、冷汗が出るほどの痛みや、呼吸困難、意識障害などの症状がある場合は、 非常に危険ですので、すぐに救急車を呼び病院に行って下さい。

スポンサード リンク

胸の痛み 女性

胸の痛みが女性に起こる場合、狭心症が原因で起こる場合が多いです。また、年齢では、40代後半~50代後半の中年女性に多いと言われています。胸の痛みが女性に起こる狭心症の種類ですが

胸焼け 症状

胸焼けの症状がある場合、食べ過ぎが原因ならば問題はありませんが、胆石症や胆のう炎、胃がん、慢性胃炎などの病気が原因で起こる場合もあります。胸焼けの症状がある場合は、病気で起きている可能性

右胸の痛み

右胸の痛みがある時に考えられる病気の一つとして肋間神経痛があります。右胸の痛みが大きく息を吸ったときや、寝返りをした時、咳をした時、笑った時などに痛む場合は、

左胸の痛み

左胸の痛みがある場合は注意が必要です。左胸の痛みの症状がある病気で考えられるのは、狭心症と心筋梗塞と心臓神経症です。心筋梗塞は命の危険を伴う病気ですので等に注意して下さい

子供 胸の痛み

子供の胸の痛みが伴う病気は主に、心臓の病気、消火器の病気、呼吸器の病気、胸壁の病気、精神的な病気などが考えられます。子供の胸の痛みがある場合は、まず、

咳 胸の痛み

咳で胸の痛みが伴う場合、その他の症状によって病気は様々あります。咳で胸の痛みが伴う病気として、肋骨の疲労骨折や心膜炎、自然気胸などが考えられます。では、具体的に各病気の症状などを見て行きましょう。まず、咳で胸の痛みが伴う肋骨

胸焼け 原因

胸焼けの原因は、甘いケーキやお菓子の食べすぎ、また、唐辛子や胡椒などの刺激物の食べすぎなどで起こります。甘い物の食べすぎや刺激物の食べすぎによる胸焼けは時間がたてば治まりますので、それほど心配する必要はありません。しかし、慢性的に

胸骨 痛み

胸骨に痛みがある時は、骨にヒビが入ってる可能性があります。なぜかというと、胸骨の痛みは、胸骨や肋骨にヒビが入っていると痛む場合があるからです。最近、こけたり、ぶつけたりした経験はないですか?

大きく息を吸うと胸が痛い

大きく息を吸うと胸が痛い症状はありますか?大きく息を吸うと胸が痛い場合に考えられる病気は2種類あります。どんな病気かというと、胸膜炎と肋間神経痛です。胸膜炎も肋間神経痛も大きく息を吸うと胸が痛い症状が伴い、

心臓 痛い 息苦しい

心臓が痛い、息苦しいなどの症状がある時は狭心症の疑いがあります。狭心症になると、心臓が痛い、息苦しい症状の他、胸の痛み、胸が締め付けられる、圧迫感がある、左肩や顎や奥歯が痛い、みぞおちの辺りが痛いなどの症状が伴います。

息を吸うと左胸が痛い

息を吸うと左胸が痛い場合は、心膜炎を発症している可能性があります。息を吸うと左胸が痛い心膜炎とは、心臓を覆っている心膜に炎症が起こる病気です。心膜は壁側心膜と臓側心膜から出来ており、それぞれの膜の間には心膜液があります。

生理前の胸の痛み

生理前の胸の痛みですが、これは、ホルモンの働きと密接に関係しています。生理前の胸の痛みの症状ですが、生理の1週間前に、胸の下側や脇付近が痛く感じたり、胸が張る、熱を感じる、歩いた時に胸が痛い、走る振動で胸が痛くなる等の症状が伴います。

胸の張り 痛み

胸の張りと痛みが一緒に伴うときは、生理現象によるものか、妊娠初期症状によるものが考えられます。胸の痛みだけが起こる場合は、循環器系や心臓の病気が考えられますので、内科か循環器科の病院、または心臓の専門病院で診察してもらうことをお薦めします。

胸 痛み 脇

胸の痛みが脇にあり、針でチクチクと刺されたような痛みを伴う症状がある場合は、「乳腺炎」という病気になっていることが考えられます。 胸の痛みが脇にあり、針でチクチクと刺されるような痛みが、右側で起こる場合は、

胸の痛み 息苦しい

胸の痛みと息苦しい症状がある場合、心臓病の可能性があるので、痛みの程度が長く続いたり、痛み具合がひどい場合は、循環器科か心臓の専門病院でみてもらう必要があります。ここでは、胸の痛みと息苦しい症状が伴う

胸 苦しい

胸が苦しい時は、運動をしていて苦しくなる場合は動悸等が原因なので、それほど心配する必要はありませんが、運動をしていないにもかかわらず、胸が苦しくなる場合は、体内に何かの異常が起きている

妊娠初期 胸の張り

妊娠初期の胸の張りは、胸がパンパンに張って熱が伴い痛くなる場合があります。妊娠初期の胸の張りは、検査薬で検査するまで、自分が妊娠していることに気づかない場合があります。生理予定日を過ぎても

胃痛 胸焼け

胃痛と胸焼けがあるとき、考えられる病気の一つとして、十二指腸潰瘍があります。十二指腸潰瘍になると症状として胃が痛くなったり、みぞおちが痛くなったり、胃液の逆流で胸焼けが起こったり出血した

胃もたれ 胸焼け

胃もたれや胸焼けは、一時的に起こるものは、暴飲暴食、喫煙、過労、ストレス、睡眠不足が原因の場合が多いので、生活習慣の見直しをして頂く必要があります。胸焼けはゲップや胃液などの不快感が伴い、胸の奥が焼け付くような感じがします。

ストレスや過労は胸が痛くなる狭心症や心筋梗塞を引き起こす

ストレスや過労は胸が痛くなる狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因になるので注意して下さい。狭心症や心筋梗塞は動脈硬化で冠動脈の血管が狭くなって血液が流れなくなり心筋の血液不足で、胸痛や吐き気を伴う病気です。狭心症と心筋梗塞の症状はよく似ていますが、

急な胸の痛みには注意する

急な胸の痛みが起こる場合は心臓病発作を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。急に胸痛が起こったり、胸に圧迫感を感じたり、胸が締めうけられるような症状がある場合は、狭心症や心筋梗塞の発作が考えられるので注意が必要です。

胸痛み

胸痛みの症状が伴う場合はさまざまな病気を引き起こしている可能性があるので注意が必要です。胸痛みの症状はある場合、まず気を付けなくてはならないのが心臓病の疑いです。胸痛みの症状が伴う心臓病としては、狭心症や心筋梗塞などがあります。

胸 痛み 左

胸の痛みが左に感じる場合は狭心症を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。狭心症とは心臓機能が低下してしまう病気で、冠動脈の血液が流れにくくなり、心筋に必要な酸素を供給すること出来なくなると発症します。

胸 痛み 右

胸の痛みが右に感じる場合は、胆石症を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。胆石症とは胆嚢や胆管内に結石が出来る病気で、胆嚢に出来る結石のことを胆石症、肝臓外胆管に出来る結石のことを総胆管結石症、肝臓内胆管に出来る結石のことを肝内結石症と言います。

胸 病気

胸の病気は、ウイルスによる病気や肺の病気や心臓病、胃の病気、食道の病気など様々あります。これらの病気はそれぞれ胸痛の症状が伴う場合があります。胸の病気の例をあげると、インフルエンザがあり胸痛を伴う場合があります。

背中 胸 痛み

背中と胸に痛みがあり、咳や痰、呼吸困難などを伴う場合は縦隔腫瘍を発症している可能性があるので注意して下さい。縦隔腫瘍とは縦隔にできる様々な腫瘍の総称のことを言います。縦隔腫瘍とは癌のことで、腫瘍が悪性の場合は治療が遅れれば

胸 痛み 呼吸

胸の痛みがあり、呼吸の回数が増えて、咳やピンク色の泡状の痰が出る場合は肺水腫を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。肺水腫とは肺うっ血を引き起こした影響で、血液中の水分が血管の外に漏れて肺胞の中に溜まる状態のことを言います。

胸 痛み チクチク

胸の痛みがチクチクする症状を伴う時は心臓神経症が疑われます。胸の痛みがチクチクすると心臓病を患っているのではないかと心配になりますが、胸痛が鈍痛や刺すような痛みの場合は、心臓病ではなく神経症の一つである心臓神経症の可能性が高いでしょう。

胸 痛み ストレス

胸の痛みはストレスによって引き起こされる場合があります。胸の痛みがストレスによって引き起こされる場合、その痛みは鈍痛であることが多く、またチクチクと刺されたような痛みを伴います。ストレスは胸の痛み以外にも、動悸や頻脈、息切れなどの症状を引き起こします

胸 痛み 原因

胸の痛みの原因は、胃の異常、心臓の異常、食道の異常、肺の異常などさまざまな原因があり、また、病気の種類によって原因は異なってきます。胃の異常では胃潰瘍などの病気があり、胃の中にある胃酸やペプシンなどのバランスが崩れると、胃の粘膜を攻撃して

胸 痛み しこり

胸の痛みとしこりがあると心配になると思いますが、そのしこりが月経前に大きくなり、月経後に小さくなる場合は乳腺症の可能性が高くそれほど心配する必要はありません。乳腺症とは乳房にしこりが出来るもので、押すと痛みを感じたり、じっとしていても痛みを感じるのが特徴です。

妊娠 胸 痛み

妊娠による胸の痛みは黄体ホルモンの分泌が活性化するために引き起こされるものです。妊娠して黄体ホルモンがたくさん分泌されるようになると胸の痛みがあらわれます。妊娠すると胸の痛みの他、月経が遅れる、吐き気、食欲不振、つわり、乳房の張り、

胸 真ん中 痛み

胸の真ん中に痛みがある場合は、心臓病を引き起こしている可能性があるので注意が必要です。胸の真ん中に痛みがあり、締め付けられるような症状がある場合は、心臓病のなかでも心筋梗塞を引き起こしている可能性があります

胸 筋肉 痛み

胸の筋肉に痛みを感じる場合は筋肉痛を引き起こしている可能性があります。最近、スポーツや作業などで激しく胸の筋肉を使うような動作をした覚えはないでしょうか?もし、覚えがある場合は、大胸筋が筋肉痛になっている可能性があります。

胸 下 痛い

胸の下が痛い症状があり、みぞおち付近が痛む場合は狭心症や急性心筋梗塞、解離性大動脈瘤などの病気が考えられます。狭心症とは心臓の筋肉である心筋への血流が不足して、冠動脈に障害を引き起す病気です。主な症状としては「押しつぶされるような」とか

呼吸 胸 痛い

呼吸で胸が痛いときは肋骨を骨折している可能性があるので注意して下さい。最近、胸を強打したあとに急に胸が痛くなったり、少しずつ痛みが増す場合は、肋骨を骨折している可能性が高いです。肋骨を骨折していると呼吸で胸が痛くなり、咳や深呼吸をするのもつらくなります。

胸痛 呼吸困難

胸痛と呼吸困難の症状が伴う場合は、急性心筋梗塞や気胸、胸膜炎、心臓弁膜症などの病気を引き起している可能性があるので注意して下さい。急性心筋梗塞は心筋が壊死してしまう病気で、治療が遅れると死に至る危険な病気です。症状としては、締め付けられるような

胸痛 咳

胸痛や咳、痰、声枯れ、体重減少、顔のむくみ、首のむくみ等の症状がある場合は、肺がんを発症している疑いがあるので注意が必要です。肺がんには種類があり、治療方針によって「小細胞がん」と「非小細胞がん」に分けられます。小細胞がんは、症状の進行が早くて肺がんに気付いた

息苦しい 胸痛

息苦しい、胸痛、呼吸困難などの症状が動いたときに起こる場合は、大動脈弁狭窄症を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。大動脈弁狭窄症とは大動脈弁が完全に開かず血流が滞る状態のことを言います。大動脈弁狭窄症の症状ですが、大半の場合が無症状ですが、

胸 脇 痛み

胸の脇に痛みがある場合は乳腺炎を引き起こしている可能性があるので注意して下さい。胸の脇の痛みがあり、腫れている場合はリンパ腺が腫れている可能性があります。その他に乳房が赤く腫れたり、熱をもったり、38度以上の高熱が出る場合は、乳腺炎を引き起こしている可能性が高いと言えるでしょう。

胸痛 肺

胸痛が肺の病気で起こる場合は、肺血栓塞栓症や肺梗塞症などの病気が考えられます。肺血栓塞栓症とは、流れてきた血のかたまりが詰まって、肺動脈に血流障害を起して、胸痛や頻脈などの症状を引き起こす病気のことを言います。肺血栓塞栓症の症状は血栓の大小によって軽度のものから重度のものまで様々ありますが、

運動をすると胸が痛くなる場合

運動をすると胸が痛くなる場合は、労作性狭心症の疑いがあります。狭心症は心筋に酸素と栄養分を供給する冠動脈が動脈硬化を起して、血管が狭くなる病気で、代表的な症状として締め付けられるような胸の痛みがあります。労作性狭心症とは、運動や激しい動作をした時に胸が痛くなる狭心症のことを言います。

胸の痛み 神経痛

胸の痛みが神経痛が原因の場合は、肋間神経痛や帯状疱疹、心臓神経症などの病気が考えられます。肋間神経痛は、肋骨の間を走っている神経に痛みが起こる病気のことで、前胸部から背中にかけて左右に痛みが起こるのが特徴です。痛みのあるところを指で押したり、体を左右にひねると痛みが増加します。

首、肩甲骨、胸の痛み

首、肩甲骨、胸の痛みがあり、深呼吸や咳で痛みが強まる場合は心膜炎を発症している疑いがあるので注意が必要です。心膜炎はウイルス感染などによって心臓を包む膜に炎症が起こる病気のことを言います。心筋炎を引き起こす原因はウイルス感染によるものが多く、肺炎から続いて発症したりします。また、膠原病や尿毒症、悪性腫瘍、甲状腺機能低下症、腎不全、外傷、心臓手術

胸 押すと痛い

胸を押すと痛いときは、肋骨にヒビがはいっているかもしれません。肋骨は机の角にぶつけたり、軽く転倒するだけでもヒビが入りやすく、胸を押すと痛みを感じたり、咳や深呼吸などで痛みを感じるようになります。肋骨にヒビが入っているだけなら、それほど問題ありせんが、

このページの先頭へ