スポンサード リンク

スポンサード リンク

左胸の痛み

左胸の痛みがある場合は注意が必要です。

左胸の痛みの症状がある病気で考えられるのは、狭心症と心筋梗塞と心臓神経症です。 心筋梗塞は命の危険を伴う病気ですので等に注意して下さい。

左胸の痛みが狭心症の場合は、その他の症状として、左腕や顎部、下顎や奥歯が痛みます。 また、痛みは突発的に起こり、約10分以内で治まります。

左胸が痛む狭心症の原因ですが、心臓の外側の冠動脈が何かの理由で狭くなりと、必要な量の血液を送ることが出来なくなります。 すると、血液が酸素不足になり、その影響で心筋が痛みを起こす物質を作り、神経を刺激するようになります。 この神経を刺激する物質が、左胸の痛みを起こさせる原因になります。

左胸の痛みが心筋梗塞の場合は、基本的に狭心症と症状はよく似ていますが、強烈な胸の痛みが30分以上続きます。 痛みが長く続く場合は、心筋梗塞の可能性があり、命を落とす危険性があるので、すぐに救急車を呼び病院で治療を受けて下さい。

左胸の痛みが心臓神経症の場合は、仕事のストレスや過労が原因で起こります。 仕事でのストレスや過労で不安感が高まると心拍数が上昇します。

そうすると、動悸や目まい、呼吸困難などの症状が起こります。 心臓神経症の場合は検査をしても特に異常は見つかりません。

左胸の痛みがある場合は、以上の病気の可能性があるので、病院に行き専門医の診察を受けるようにして下さい。

スポンサード リンク


このページの先頭へ