スポンサード リンク

スポンサード リンク

ストレスや過労は胸が痛くなる狭心症や心筋梗塞を引き起こす

ストレスや過労は胸が痛くなる狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因になるので注意して下さい。

狭心症や心筋梗塞は動脈硬化で冠動脈の血管が狭くなって血液が流れなくなり心筋の血液不足で、胸痛や吐き気を伴う病気です。 狭心症と心筋梗塞の症状はよく似ていますが、心筋梗塞の場合は死を恐怖するような激しい胸痛を伴い、 治療が遅れると死に至る恐い病気です。

狭心症や心筋梗塞などは動脈硬化が原因で起こる病気ですが、 ストレスや過労を溜めていると、これらの病気を引き起こす原因になるので注意が必要です。

ストレスには精神的なものと、疲労や睡眠不足による肉体的なものがありますが、 これらのストレスは自律神経のバランスが交感神経が優位になってしまうので、 血圧や血糖値を上昇させ動脈硬化を促進させてしまう場合があります。

ストレスを溜めると動脈硬化を促進させてしまい、血栓が出来て血液の流れが悪くなり心筋に影響を及ぼす、 狭心症や、心筋を壊死させてしまう心筋梗塞の原因になるので注意して下さい。

心筋梗塞の発作は自律神経が大きく影響しており、心身がリラックスしている副交感神経から、 心身の活動に適した体内環境にする交感神経に急に切り替わるときに多く発生します。

これは体の切り替え準備が整っていないのに、行動だけが先走りしてしまうことで起こるものです。 心筋梗塞は原因ははっきりわかりませんが、月曜日に多く発症するパターンが多く、 職場に行くストレスや週末の大量飲酒が関係しているのではないかと考えられています。

日頃から不安やイライラ、怒りなどのストレスを溜めている人は、ストレスを解消することが大切です。 人に話を聞いてもらったり、好きな趣味に没頭したり、好きな音楽を聴いたり、ゆったり入浴するなど、 リラックスできる時間を作ってストレスを解消するようにしましょう。

また、肉体的労働などによる過労も心筋梗塞を引き起こす原因になるので注意して下さい。

仕事が忙しく長時間労働を繰り返していると、体の疲労や睡眠不足が長く続き、ある日突然心筋梗塞で倒れる場合があります。 疲労を感じたり、体調が悪いときは無理をせずに心身を休息させるようにしましょう。

このようにストレスや過労を溜めすぎていると、胸痛が突然襲う狭心症や心筋梗塞を引き起こすことになり、 命の危険を伴うことになりますので、日頃からストレスや過労には十分注意するようにしましょう。

スポンサード リンク


このページの先頭へ