スポンサード リンク

スポンサード リンク

胸が痛い 筋肉痛

胸が痛い症状が伴うとき、数時間から数日前に運動や作業を行い 胸が痛む場合は筋肉痛になっている可能性があります。

筋肉痛と疾患名ではなく症状名のことで、その名の通り、筋肉の痛みのことを言います。 筋肉痛は、運動や作業などを行った数時間後から数日後に起こることが多いです。

筋肉痛になる原因は、普段使っていない筋肉を使ったりすることが原因になります。 普段使っていない筋肉を筋力トレーニングやスポーツで使用したり、 坂道を登ったり、階段の登り下りをすると筋肉痛になります。

筋肉痛になると、筋肉組織の損傷や炎症等が起こります。 筋繊維や結合組織などをキズつけることにより、それらの修復時に、 痛みの出るカリウムや、ブラジキニン、ヒスタミン等の物質が出ます。 この痛みの伴う物質が神経を刺激して炎症を起こして筋肉痛になるわけです。

筋肉痛の症状は、胸の痛み、腕が痛い、お腹が痛い、足が痛い、筋肉に痛みを感じる、筋肉が張る、 体が重く感じる、だるい、こわばる等の症状が伴います。

筋肉痛は急性と慢性があり、急性の筋肉痛は普段使用していない筋肉をトレーニングやスポーツなどで 使用した場合に起こる痛みです。慢性の筋肉痛はの肩こりなどの痛みが該当します。

筋肉痛になった場合は、安静にして、お風呂などで筋肉を温めると痛みは減少します。 ただし、筋肉痛の痛みがひどい場合は、温めるとかえって炎症を促進してしまう場合もあるので注意して下さい、 その場合は、筋肉痛で痛む箇所を冷やすと良いです。

スポンサード リンク


このページの先頭へ